So-net無料ブログ作成
検索選択

「江南(カンナム)スタイル」早くも終焉

テンポの良いダンスビートとユニークな“乗馬ダンス”で
ビルボードチャートを賑わすヒット 曲となり、
世界で韓流旋風を巻き起こした
韓国歌手PSY(サイ)の「江南(カンナム)スタイル 」。

CNNでも取り上げられ、一躍時の人となった。
ニュースで見たが、奇抜でノリノリダンスのK-POPだったが、日本ではいまいちヒットしなかった。

韓国では、「領土問題のせいで日本のファンがこの楽曲を遠ざけているのだ」とか
「PSYの曲がヒットしない日本は恥ずかし国だってアメリカが言ってた
などなど、多くの憶測が流れた。

ところで、このPSYのカンナムスタイルだが、
YouTube上のランキング1位を記録していたが、
突如ランク外へ転落するという“珍事”がおきた。

YouTubeが検索結果表示の仕組みを変更したことに
なにやら関係があるらしいが?

この珍事は発表後に起こっている。


動画クリック回数より視聴時間を重視し、
検索結果の順位に結果を反映する仕組みにしたんだとか。

日本でのブームがなかったのは、PSYの曲が
韓国人が自動再生プログラム(いわゆる「bot(ボット)」)を使ったのでは?っという声もある。
(再生回数が5億3000万回を超えてたって知ってました?)

ウェブブラウザのページを再読込みするためのキーである
「F5」キーにちなんで、この楽曲を「F5スタイル」と呼ぶ者さえいる。

因果関係ははっきりしないが、
K-POPのチャートランクインも最近あまり聞かれなくなった

K-POPが下火になり始めているのかも

nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © Abbeyの知って得するトレンドニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。